鼻の下 色素沈着

MENU

ビーグレン期間限定 <年2回のセール情報>

bglen

↓<今だけ>セール開催中↓

ビーグレン

こんな原因で鼻の下の色素沈着が・・・。化粧品でケアできる?

鼻の黒ずみ

 

健康のために、3年前から散歩を始めました。
散歩を初めてからの、初めての夏。1万歩歩きますので、汗びっしょりです。

 

メイクをしていても、汗ですぐ流れ落ちるほど。
特に鼻の下に汗をかき、タオルでゴシゴシ拭いていたわけですが。

 

夏が終わりがけの頃、まじまじ鏡を見てびっくりッ!
鼻下が黒いではありませんか!!まるで、おひげのように。

 

メイクをしていても隠れない。はっきりした、ひげみたいな色素沈着

 

色素沈着になるのかな。思い当たるフシは、タオルでゴシゴシ拭いていたから。それに、鼻の下はヒゲを剃っているからかな。

 

それ以外にもあったんです。毎日欠かさずスキンケアをしています。

 

頬と目の周りやあご、おでこは塗っているのですが、
鼻の下は・・・。きちんと化粧水や乳液等を塗布していなかったんです。
口に入るような気がして。

 

スキンケアにも自分の癖があって、鼻の下を飛ばしていたんです。
皆さんは、鼻の下もきちんとケアしていますか?

 

塗っていなかったら、きちんと塗布するようにしてみてください。

 

もう、このヒゲを見て、どれだけテンションが落ちたことか。
同じお悩みを持つあなたへ。鼻の下の色素沈着を一緒に戦いませんか?

 

鼻の下の黒ずみに働きかける化粧品を調べてまとめます。

鼻の下の色素沈着を化粧品で消したい!どの化粧品を選ぶ?

鼻下色素沈着

 

鼻の下は、顔の中でも一番ダメージを受けている部位かもしれませんね。
ゴシゴシやっていますので。

 

さて、鼻の下の色素沈着は、美白ケアが欠かせません。

 

シミ取りといったら、ハイドロキノン成分やビタミンC成分ですが、
ビタミンC成分は色素沈着には効果はあまり期待できません。

 

ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは、シミだけではなく色素沈着にも働きかけるので鼻の下の色素沈着はハイドロキノン成分配合の化粧品を選ぶと良いです。

 

しかし、肌への刺激が強く、赤みを感じる方も多くて、避けていらっしゃる方も多いかもしれませんが、鼻下の色素沈着には欠かせない成分です。

 

 

ハイドロキノン
ハイドロキノン成分特徴

 

肌への刺激を軽減したい!
安全な化粧品を使用したいのなら、ビーグレンです。

 

ビーグレンは、刺激を軽減するために工夫を凝らし、肌の奥まで確実に届ける技術があります。

 

ビーグレンキューソーム
ビーグレンキューソーム

 

一般的なハイドロキノン配合化粧品は、水溶性の成分のため、皮脂にはじかれてしまい浸透されません。

 

ビーグレンは、ハイドロキノンを超微小カプセルに包み込むことによって、はじけることを防御。
しっかり、角層・表皮・真皮まで届けて、高い安全性があります。

 

肌への刺激を軽減している化粧品なんです。鼻下の色素沈着をハイドロキノンで対策したいのなら、ビーグレン化粧品ではないでしょうか。

 

ビーグレンハイドロキノン

 

初めて使う化粧品は、自分の肌に合うの?テクスチャーは?不安になります。
だからこそ、まずはトライアルセットから試してみてはいかがでしょうか。

 

ビーグレンは、商品に自信があるからこそ365日の返金保証があります。一般的には、使用したら返金不可というトライアルセットも多いですが、ビーグレンは使用後でも返金OKです。

 

また、一度購入すると電話勧誘がキツイ化粧品もあるかと思います。ただ一度試してみただけなのに、電話にうんざりされた方も多いはずです。
ビーグレンは、電話勧誘が一切ありませんので、気軽に試すことができます。

 

↓ハイドロキノンが入ったお得なトライアルセットをチェック?↓
ビーグレン

 

 

 

 

 

 

鼻の下の黒ずみを隠すためには?コンシーラー?それとも・・・

鼻下色素沈着隠す

 

鼻の下の黒ずみを隠したい!でも、コンシーラーやファンデーションを買い換えるのは・・・と思っているあなたへ。

 

美容雑誌にもよく紹介されていませんか?このファンデーションならシミを隠せれるとか。
コントロールカラーを部分的に入れたらいいとか。

 

色々試してみたのですが、バチッと決まらないんですよね・・・。みなさんはどうですか、きちんと隠れていますか?
皆さんより、鼻下の黒ずみが濃いのかしら?

 

もういっそのこと、宝塚のファンデーションが欲しいと思ったこともあります。あのカバー力がほしい!ちょっとやけくそになってしまいました。

 

 

美容雑誌に紹介されているファンデーションを試したりしてみましたが、最後に辿り着いた方法ををご紹介します。

 

鼻の下は汗をかきやすく、さらに口の周りなのでヨレやすいです。
どうしたら、バチッとメイクがキマるの?

 

コンシーラーを使いません。化粧下地を使用して、リキッドファンデーションを叩き込むように付けます。
たったこれだけです。細かくトントンと馴染ませます。パフを折って、面積を狭くします。

 

そうすると綺麗に馴染んで、目立たないようになります。
リキッドファンデーションを付け過ぎると、かえってメイクが崩れやすくなるので気をつけてください。

 

薄いシミなら十分に隠せます。
リキッドファンデーションの後は、パウダーファンデーションで光を拡散させるとさらに目立ちにくくなります。

鼻の下の色素沈着について
友人が、鼻の下が黒くて、ひげが生えているのかって思っちゃった・・・。まさか、3ヶ月後に自分がそうなるなんて〜?!やっと気付いたの。鼻の下はヒゲじゃなくて、黒ずんでいるんだってことを。ごめんね、友人。ヒゲ剃らなくちゃって思っちゃって。案外、鼻の下が黒い女子が多いことにビックリ。また違う友人の鼻の下を見れば、黒ずんでいる。ファンデーションを塗っても黒ずみが隠れないから困ったもんだよね。何でだろう。やっぱり、汗をかく場所だからかな。ハンカチなどで、ガッツリ拭いていない?私なんて、もうすごいんだから。鼻の下が痛いぐらい拭いてしまう。汗が1滴でも残ってるとイライラしちゃう。鼻の下が黒ずんでいるのは、一人じゃないよ。落ち込まないで!!私もその一人だから。今は、ハイドロキノン化粧品でしっかりケアしているよ。ハイドロキノンでも浸透力の高い化粧品を選んで。ビーグレンは、ハイドロキノン成分が入っていて浸透力は評判が良いよ。折角、ハイドロキノン化粧品を使用していても鼻の下を擦ってたら意味ないから、優しく拭くように気をつけてね。特に夏の日は注意。綺麗になっても、鼻の下が色素沈着しないように顔は傷つけないように気をつけてね。顔の皮膚は、薄いから、洗顔後も優しくタオルドライしてね。ゴシゴシしちゃったら、顔を傷つけちゃうよ。