肌の保水力

MENU

ビーグレン期間限定 <年2回のセール情報>

bglen

↓<今だけ>セール開催中↓

ビーグレン

肌の保水力にカギとなる成分は?赤ちゃん肌を目指す方限定!

赤ちゃんのプルンぷるんとしたお肌。
いつの間に、こんなに砂漠状態のお肌になったのでしょうか。

 

お肌が乾燥するとトラブルが増加していませんか?
乾燥小ジワやシミなど。

 

肌の保水力を維持することは、基本中の基本です。
特に、保水力で気になる成分はコラーゲン。

 

コラーゲンでも加熱処理したものではなく、生のコラーゲンの方が保水力が高いです。
一般的な化粧品は、加熱処理したものがほとんどです。

 

生のコラーゲンは、「三重らせん構造」
顔を洗わない限りコラーゲンの力を発揮し、使い続ける細各層の保水力が増えるのです。

 

そのため、コラーゲン化粧品は加熱処理したものではなく、
生のコラーゲン化粧品を使用すると効果が更に期待できます。

 

コラーゲン化粧品は、通常のスキンケアにプラスするだけ。
通常のスキンケアを変更しなくては良いのは、とっても嬉しいですよね。

 

コラーゲン化粧品で有名なのは、ニッピコラーゲン。
ニッピコラーゲンでは、使用して5週目には中止しても
使用前よりも保水力がアップしているデータがあります。

 

効果が実感できるのなら、一時的に使用してみるものありです。

 

さらに、コラーゲン化粧品と併用して行いたいのは、コラーゲンを飲むことです。
コラーゲンは、お肌だけではなく、膝の痛みや髪の悩みにも。

 

コラーゲンでも分子量が小さい方が体内に吸収しやすいです。

 

コラーゲンの粉末は、どうしてもニオイがきになることもことも。
お茶や紅茶などは飲みにくいことがあるので、味が濃いものに混ぜることがお勧めです。

 

カレーやハンバーグ等は、コラーゲンを混ぜても食べやすいです。