洗顔 クレンジング 方法

MENU

ビーグレン期間限定 <年2回のセール情報>

bglen

↓<今だけ>セール開催中↓

ビーグレン

スキンケアの基本の「キ」間違ったクレンジングと洗顔で色素沈着?!

洗顔方法

 

どんなに化粧水や乳液、美容液をバッチリ行っても、メイクが落ちていなかったら本末転倒です。メイクが残ったままだと肌に負担がかかり、肌が乾燥したり、しみになったり・・・。アイシャドーやマスカラは、綺麗に落ちていますか?洗顔後、鏡を見て下さい。まぶたや、目の下、小鼻、口の周りなど。メイクがちょこっとでも残っていませんか?残っていたら、肌への老化を早めてしまいますよ。綺麗にメイクを落とすクレンジングや洗顔方法をチェックしてみてくださいね。

 

 

こんな方法でメイクを落としていませんか?

 

洗顔方法

 

<結論>目元と口元は、クレンジング前にポイントメイクアップリムーバーとマスカラリムーバーで落として!

 

アイシャドーやマスカラ、口紅を通常のクレンジングで落としていませんか?
顔を一気にクレンジングで洗うのは、とっても楽チンなのですが、その行為が肌のシミや色素沈着の原因になってしまうことも・・・。

 

特にマスカラを落とす時に目の下や頬に付いてしまいます。また、アイラインが落ちなかったり、アイシャドーが綺麗に落とせていなかったり。

 

まぶたの目元の上にアイシャドーが残っていることがあります。
メイクが残ったまま、スキンケアをしても効果は半減しますよ。

 

クレンジングを使用する前に一手間。ポイントメイクアップリムーバーで落としましょう。ポイントメイクアップリムーバーは、軟らかいジェルタイプのものが多いので、目の中に入らないように気を付けて!
コットンに取り、強くこすらず、滑らすような感じで。洗浄力が強いのでスッと落とせますよ。

 

さらに、ポイントメイクアップリムーバーに併用すれば完璧なのは、マスカラリムーバー。マスカラのように塗って落とすだけの簡単なものです。案外、綺麗に落とせるので外せないアイテムですよ。

 

クレンジング前の2本使いで、目元や口元を綺麗に落とせば色素沈着を防ぐことができます。

 

クレンジングはやっぱりオイルクレンジングでしょ?!

 

洗顔方法

 

<結論>オイルクレンジングとミルクの2本使いで!

 

洗浄力の強いオイルクレンジングは、界面活性剤がたくさん使われていることから、使用されない方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、洗浄力が強い分、こすらずサッと落とせるので、肌への摩擦が少なく負担がかかりにくいです。
オイルクレンジングの前に、目元と口元はポイントメイクアップリムーバーで落としておいてくださいね。

 

オイルクレンジングはポンプタイプが便利ですね。メーカーによりますが、2.3プッシュぐらいを手に取ります。

 

最初から4プッシュもとってしまうと、垂れてしまうので、足りない場合は追加していきます。
手に取ったら、くるくると内側から外側に向かって馴染ませます。
目元や口元は最後ですよ。

 

オイルクレンジングはがっつりメイクの日、簡単メイクの日はクレンジングミルクでもOKですよ。
オイルクレンジングはなるべくは避けたいもの。でもメイクを綺麗に落とすためには欠かせないのですが、簡単メイクの日は、クレンジングミルクでお肌の負担を減らしてあげましょうね。

 

洗顔は、ゴシゴシ洗うと逆効果?!

 

洗顔方法

 

<結論>しっかりと泡立てて、キメが細かく崩れない泡で洗おう!

 

泡立てネットで泡立てて、たくさんの泡で洗うのが良いと分かっていてもお仕事から疲れて帰ってくると、泡を作るのが面倒な日もあるでしょう。

 

ちゃちゃっと済ませたい・・・。

 

しかし、こんなことを続けていると肌トラブルの原因になってしまうのです。
正しい洗顔方法は、泡で肌と手の間にクッションを作って、泡で洗うことです。

 

肌が指に直接触れると摩擦され、肌荒れの肌トラブルに陥ってしまうのです。
洗い流す水は、あくまでもぬるま湯です。

 

熱すぎると毛穴が開き、顔に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、乾燥させるのです。
例えば、食器洗い。夏は水で洗い手荒れ知らずなのですが、冬はお湯を使うとカサカサしてひび割れを起こします。

 

お風呂場で体を洗うついでに、シャワーでそのまま流してしまわないように気をつけてくださいね。

 

逆に冷水ですが、冷たい水は毛穴をギュッと引き締めます。
引き締まった状態では、汚れが落ちないので、冷水でもよくないことが分かるかと思います。

 

洗顔の温度は、人肌程度のぬるま湯。
洗い流す時は、お湯を手に取り、洗顔料が残らないようにしっかりすすぎましょう。

 

髪の生え際や小鼻に残っていないか気をつけてくださいね。

 

洗顔料の選び方!<すっぴん美肌のポイントは?>

 

洗顔選び方

 

<結論>毛穴の汚れを落として、潤い保つ洗顔料を選ぶ!

 

洗顔後に乾燥する30代後半の女子の皆様。
今一度、洗顔料を見直してみませんか?

 

洗顔料は、汗や皮脂を落とす事が目的ですが、必要な皮脂まで落としてしまうと洗顔後はつっぱってしまいますよ。

 

洗顔料の理想は、毛穴はすっきりしていて、潤っていること!

 

古い角質を吸着して落とす成分、例えば「くちゃ」など。
更に、美容成分が配合された成分、例えば「シークワーサー」「ハイビスカス」などが配合された洗顔料がお勧めですよ。

 

洗顔料は、パラベン、アルコール、タール系色素、鉱物油、合成香料、石油系界面活性剤不使用の無添加の洗顔料を選んでくださいね。

 

毛穴の黒ずみに効果的なスクラブ洗顔は、汚れが目立った時だけで十分ですよ。確かにツルツルの肌になるのですが、洗浄力が強いので肌に負担がかかります。

 

1週間に1回〜1ヶ月に1回のペースが目安です。

 

意外?!タオルの拭き方で黒ずんでしまうなんて・・・

 

タオル

 

<結論>ゴシゴシはダメ!顔をおさえるだけで十分!

 

洗顔後のタオルの拭き方ですが、意外にも重要なんです。
この夏、鼻の下に黒ずみが出来ました。

 

何でだろう?とずっと考えていたわけですが、原因がやっと分かったんです。

 

それは・・・??

 

鼻の下に、よく汗をかきます。
毎日1時間散歩をしていますが、その都度、鼻の下をおもいっきり拭いていたんですね。

 

ある日、鏡を見ていたら、鼻の下に黒ずみがあるじゃーないですか!!
ひげ?て思ったのですが、違う。黒ずんでいたのです。

 

かなりショッキングな出来事でした。
黒ずんで思ったのです。意外にもタオルの拭き方が大事なのかと。

 

洗顔後は、おもいっきり拭いていませんか?軟らかいタオルで、顔をおさえる程度で良いんですよ。

 

私みたいに、ゴシゴシ擦って、皮膚が黒ずまないように気をつけてくださいね。