疲れ顔対策

MENU

ビーグレン期間限定 <年2回のセール情報>

bglen

↓<今だけ>セール開催中↓

ビーグレン

疲れ顔対策【夕方でも元気ハツラツ顔】

夕方になるとどんより疲れ顔。
クマやシワが隠れず、同僚から「大丈夫?」と心配されたことはありませんか?

 

鏡を見てビックリ。くすんで見えるのなら、早めにケアしてあげましょう。

 

まずは、身体の休息から。
睡眠時間は、確保出来ていますか?
遅くとも日が変わるうちにベッドに入りましょう。

 

それからは、インナーケア。
バランスのとれた食生活を送っていますか。

 

野菜を1種類のみ摂取するのではなく、品数豊富で摂取することが大切です。

 

最近では、スーパーの生野菜コーナーでカット済みのサラダが10種類以上入っていて
すごく便利なものもあります。

 

これなら、忙しい朝でもパッと食べれます。

 

ビタミンや鉄分などをバランス良く組み合わせましょう。

 

疲れ顔のメイク方法ですが、お疲れ顔は、ファンデーションやリキッドファンデーションの色を明るくしてしまうと浮いてしまうことも。
ファンデの色はそのままで、コンシーラーのみ明るめの色がお勧めです。

 

コンシーラーのカラーは、イエローが一般的で、ピンクやグリーン、オレンジ色などがあります。
茶色のくすみは、オレンジ色が目立ちにくいです。

 

夕方に疲れ顔が出やすい場合は、メイク直しを忘れずに行ってください。
特に目元がくぼんでくるかと思います。

 

ファンデを薄く塗り直し、くぼんだ部分にアイシャドウを塗り直します。
パール入りのものがくぼみが目立たなくなります。

 

また、顔色を良くするために、チークをや口紅を付け直します。

 

特に目元の疲れが出やすいです。
スキンケアを行う前に目元を温めて、血行促進してあげましょう。